愛育 feel care協会®

オキシトシンって何?

  • HOME »
  • オキシトシンって何?

オキシトシンとは

オキシトシン(Oxytocin)は、視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンです。

別名「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも呼ばれ、ストレスを緩和し幸せな気分もたらします。

人と人とのコミュニケーションや肉体的な接触、簡単なボディタッチでも分泌されるというこのオキシトシン。

どういう効果があり、どのような作用をするのか。

また、その分泌させる方法とは?

それらを詳しく紹介していきたいと思います。

末梢神経での作用と、中枢神経での作用

オキシトシンには、末梢組織で働くホルモンとしての作用と、中枢神経での神経伝達物質としての作用があります。

末梢神経【母のホルモン

「オキシトシン」の語源は、ギリシャ語では「早く生まれる」という意味です!

古くから女性の出産や子育てに関連するホルモンとして広く知られていました。

出産時に大量に脳内から血中へと分泌され、平滑筋の収縮に関与し、分娩時に子宮収縮させます。また乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの働きを持つといわれています。

ですが、オキシトシンは女性だけに分泌される特殊なホルモンではありません。男性も同様にオキシトシンを分泌しています。

ただ女性は、出産、授乳などの特定の時期に大量に分泌される機会が多いのです。

 

現在では、陣痛促進剤として医療の現場でも使用されています。

中枢神経【社会的脳

心と心の「ふれ合い」体と体の「ふれ合い」

 

コミュニケーションやスキンシップをとることにより分泌されると言われている【オキシトシン】

オキシトシンは「幸せホルモン」「絆ホルモン」として最近認知され始めてきたホルモンですが、女性だけではなく男性にも分泌されている事が判明された事により、現在注目を浴びています。主な効果としては

  • 人に対して温かい気持ちになれる
  • 多幸感に包まれる
  • 癒しの機会が増え、ストレスが緩和する
  • 不安や恐怖心が緩和する
  • 周りの人への信頼感・絆が増す
  • 自己肯定ができるようになり、自信に繋がる
  • 好奇心が強まり、人との交友関係が広がる
  • 学習意欲と記憶力向上
  • 感染症予防につながる
  • 心臓の機能を上げる
  • 痛みの緩和
  • 自律神経を整え情緒を安定させる

などなど。ふれ合う事によってこういう効果があるのだとしたら、「幸せホルモン」と言われるのも納得ですよね。

気持ちが幸せになって体も健康になる。これは分泌させない手はないですね!

オキシトシンを分泌させる方法

こんなにいい事ずくめだったら早速分泌させてみたいですよね。

オキシトシンの分泌方法は、それぞれの方の環境により異なりますので、その方法を大きく2つに分けてご紹介いたします!

1.パートナーがいる場合

 

  • ふれ合う
  • コミュニケーションをとる
  • スキンシップをする
  • マッサージをする
  • 見つめ合う
  • ハグ
  • キス
  • 性交渉

 

積極的にパートナーとコミュニケーションやスキンシップを取る事により、オキシトシンは分泌されます。

共に長く時間を過ごすうちに、忘れがちな行為もいくつかありますよね・・・。

ふれ合いの仕方にも色々な種類があります。

一緒の空間にいる事、同じソファーに腰掛ける事、向かい合って目線を合わせる事、実際にふれて相手の温もりを感じること。

お互いがより「幸せな時間」を過ごせるように今一度見直し実践し、オキシトシンリッチになりましょう。

2.パートナーがいない場合

パートナーがいれば事は簡単なのかもしれませんが・・・

でも、そんな方でも大丈夫です。

パートナーなしでもオキシトシンを分泌させる方法もたくさんあります!

  • スキンシップ
  • おしゃべり
  • 家族との団らん
  • 友達との食事
  • 友達との旅行
  • 人に料理を作る
  • 映画などを見て感動する
  • 感情を表す
  • 人に親切をする
  • 思いやりの気持ちをもつ
  • ペットとのスキンシップ

 

井戸端会議など地域でのコミュニケーションでもオキシトシンは分泌されると言われています。

気心の知れた身近な人との「コミュニケーション」「ふれ合い」で互いにオキシトシンを分泌させることで、心身共に健康な身体作りをする事ができます。

また、身近な人とのふれ合いではなくても、普段の生活の中にオキシトシンを分泌させる機会って潜んでますよね。

例えば「運転中に誰かに道を譲ってあげる」そういう行為でもオキシトシンは分泌されるんです!

道を譲って貰って喜んでいるその顔を見て、こちらもなんだか嬉しくなる。

そんな経験ってありますよね。

まずは自分がオキシトシンリッチになる事で、キラキラ輝き「幸せ体質」になりましょう

当愛育グループでは、この2つのオキシトシン(末梢神経・中枢神経)に関わる資格講座を開講致しております。

(1)末梢神経・・・feel careおっぱいマイスター講座

<唯一ふれる事が出来る女性ホルモン おっぱいを整えてイキイキした毎日を!>

毎月の女性ホルモンの変化により、体調や精神面を支配されている女性の身体。

女性ホルモンと上手に付き合っていく事が、人生をより豊かにする事に繋がります。

自分の身体の変化にいち早く気づきメンテナンスをしていく事で、自分自身を守れる人に。そしてその知識を活用し家族や周りの人を守れる人になって頂けます。

この講座では東洋医学の「気」「血」「水」がベースになったメソッドをお伝えしていきます。

初級、中級、上級と進む中で、内面も外面も女性として輝いていただける内容の講座となっております。

(2)中枢神経・・・feel careセラピスト講座

心にふれる・体にふれる「ふれる」と言ってもいくつかの種類があります。

その違いや「ふれ合いがもたらす効果」を理解する事で、家族や周りの人との関係性が変わってきます。

人とのふれ合いがもたらす効果を具体的に知り、それを実践していきたい方に向けた

「ふれるとは何か?」を身に付けていただける講座になります。

オキシトシン・リッチな夫婦

夫婦のふれ合いは、オキシトシンを得る為の最高の機会です。

ですが、普段の生活に追われてしまっていたり、以前の様な関係とは変わって来てしまって、なかなかふれ合えない・・・

当協会はそのような方の為に、夫婦でふれ合う為のセミナーも開催しております。


簡単に夫婦関係を改善する、まさかの方法

~こんなに違った、男性脳・女性脳~

このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆:愛育Feel care協会®理事 石井 将之

執筆依頼はこちらまで

PAGETOP
Copyright © 愛育 feel care協会® All Rights Reserved.