幼少期のふれ合い不足は人の心(感情)を乾かします、例えば幼少期に両親のどちらかがDV(体意外も含め)や酒乱であると、そうでないどちらかの親は子供に心や体のふれ合いができる精神状態ではとてもないです。

自分の精神を保つのに必死で逆に、弱い子供にきつくあたるケースも見られるそうです。

それをみて、肌で親のオキシトシン餓鬼状態を感じて育つ子供は同じようにオキシトシン餓鬼になりやすい傾向にあります。

なりやすいと書いたのは必ずそうなるわけではないからです、その餓鬼状態の中でも自ら五感の刺激をしてオキシトシン分泌を促す人もいます。

しかし、ふれ合いを知らずに育つとふれ合い方がわからない、人の感情がわからないといった人も多くいます。

オキシトシンリッチな配偶者によりオキシトシンプチリッチになっても何かの拍子に「ふれ合いバカバカしい、面倒臭い 」となってしまったりする‥‥…‥……。

幼少期の記憶は声を大にしていいますが

【一生を左右します】反面教師でいたつもりが、親と同じ事をしていた自分に気づき深く傷つく人、親への復讐心で自分を傷つける人、それが愛だと歪んだ愛しかしらずに同じ事を子供に繰り返す人‥‥…‥……

全てオキシトシン餓鬼状態‥‥…‥……

【ふれ合うことで大切な人をあらゆる事から守る】もし、アナタの大切なパートナーがオキシトシン餓鬼だとしたら溢れんばかりの愛で包み込むように空間のふれ合い・心のふれ合い・体のふれ合いをしてあげて下さい。

もし自分がオキシトシン餓鬼ならまずは自分を沢山満たす為に自分が心から楽しめる事に打ち込み五感を刺激してみてください。

自分 配偶者を満たす事が一番最初にすべき大切な事です❗それが出来ていれば自然と子供達はオキシトシンリッチになります(^ー^)

親の顔がみてみたい。

といったりしますが、親がオキシトシンに溢れているかオキシトシン餓鬼かをみれば(感じれば)子供の幸せ度がわかります❗❗

まずは自分、次に配偶者❗❗これが出来る御家庭が増えたら次の世代が今よりオキシトシン溢れた世界になるとおもいませんか(^ー^)?

ふれ合いを学べるfeel careセラピスト2級講座は2月26日27日各10時~16時で開催いたします。お申し込みはこちら

金曜21時配信【オキシトシンリッチになる無料メルマガレッスン】はこちら♥

feel careおっぱいマイスター初級講座は3月16日10時~16時で開催いたします。お申し込みはこちら

Mrオキシトシン山口創氏の「ふれる力を見直そう」のお申し込みはこちら  ※残席半分になりました