「体にふれる事は心にふれる事」この事を軸にし、介護の現場で「人と寄り添う術として」使っていただける様に埼玉福祉・保育専門学校様にて「feel careオキシトシンハンドトリートメント」の講義をさせていただきました。

ふれ合う事が心や体にどのように作用するのか、幸せホルモンオキシトシンとは何か?

などを含めて内容をお伝えさせていただきました。

私が1番お伝えしたかった事それは「体にふれ合う事は心にふれる事」

現場に入った時に、実習との違いに戸惑う人もいるはずです、自分に何が出来るのか?と自信を無くす人もいるかもしれません。

そんな時に、相手の方とふれ合う手段としてfeel careオキシトシンハンドトリートメントを活用いただきたい。

手にふれる事で、固くなった心がほぐれ、幸せホルモンオキシトシンが分泌され始め「心のふれ合い」ができるようになります。オキシトシンは「絆ホルモン」とも言われていますので、お互いの信頼関係を築く手段にもなります。

中には手をさわられる事に抵抗を最初持つ方もいらっしゃいます、そんな時は「アイコミュニケーション」から始める。

目と目をきちんと合わせ(目線の高さも)相槌を打ちながらお話をする事で、心と心のふれ合いをする事から…などをお伝えする講義になりました。

「ふれ合い事」の手段はいくつかあります、その中の手段の1つとして活用いただき、自分の自信に繋げていただけたらなと思います(*^-^*)

ふれ合う事でオキシトシンをが分泌するのだという事を知って、施すのか、知らずに施すのかでは心の持ちようも変わってきます。

これからのAI時代にこそ「人と人との心のふれ合い」はどの業界でも大切になるのだと思います。

ハンドトリートメントの実習では、最初は男女で分かれて施し合いをしていましたが、2回目は男女で組み合わせて施し合いをしていただきました。

「え~やだ~」と言っていたり、遠慮しがちだった生徒さん達も、始めると徐々にコミュニケーションをとり始めニコニコ笑顔に変わっていました( *´艸`)オキシトシンの効果抜群ですね!!

男性は女性の柔らかく線の細い手にふれる事で「女の子ってこんなに細いんだ、優しく大切に扱わないとですね」

女性は男性の大きな温かい手に包まれる安心感を体感し「心地がいい~」と言っている姿、このお互いを大切に扱う事を理解する事こそが、大人として人を大切に扱う原点でもあると思います。

その事をわからなくなっている「ふれない時代」と言れている現代にこそ、ふれ合う体験はとても必要な事だと実感しました。

人にふれる人は沢山人にふれてもらい「オキシトシンリッチになってくださいね」と最後にお伝えさせていただくと、皆さんとても素敵な笑顔を見せてくださいました。

今回、素晴らしい時間をくださった「埼玉福祉保育専門学校」の先生方、生徒の皆様ありがとうございました。

 

理事が協会の事、家族のふれ合い、男の浪漫について面白おかしく!時には真面目に書いている大人気のブログは


漢の哲学~男の浪漫と円満家庭は両立出来るのか!?