昨日は一般社団法人シンビオージさん主宰の【ケアニン】を会員さんと観に行きました。

私は2回目でしたので、また違うみかたができたり、忘れていた感情を思い出したりし結果、またグズグズに泣きました。

毎回、最初に泣くシーンは夫婦の記憶。

認知症の方が、亡くなった御主人を忘れてしまっているのに、御主人の若い頃の写真をみて、「こんな人と結婚したいな」と

この御婦人にとって、御主人と過ごした結婚生活は本当に幸せな日々だったのでしょうね、その日々があったからこそでた言葉。

夫婦でどんな歳月を過ごしてきたかで、キットまるで変わりますよね。

記憶だけでなく、心に残る絆を夫婦で作り上げていきたいなと思いました。

そして、主人公が最後の方で「どんなに頑張っても、結局は死んでしまう…」と言った言葉が凄く毎回考えさせられます。

私の母が亡くなったと時に、私も思いましたし、父も同じような言葉を言っていました。

この言葉は大切な人と、最後まで向き合い続けた人からしかでない。

助かると最後まで信じて寄り添い続けたからこそ、亡くなったときに失望して思わずでる言葉。

その時は現実を受け入れるのに精一杯でしたが、今はこうおもいます。

人はいつかみんな、亡くなる。

それまでの限られた時間で大切な人と、どんな時間が過ごせるか。

何かをしてあげるのかではなく、どう、その人の気持ちに寄り添うか。

生きようとする手助けをしていく事。

それでも、大切な人を亡くすと後悔は沢山出てきます。愛している人なら尚更。

その後悔を少しでも軽く、そして個人の温もりを1秒でも長く思い出す為に【ふれる看取り】を実践できる人を増やしていきたい。こちら【ふれる看取り】のコラムにも詳しく書いてあります。

そして、一人でも助かる命を守る為に、病の早期発見に気づく為の【心身のふれ合い】を大切にできる人を増やしていきたいとおもいます。

貴方が貴方を大切にする事は、大切な家族や周りの人を幸せにする事に繋がります!

 

理事が協会の事、家族のふれ合い、男の浪漫について面白おかしく!時には真面目に書いている大人気のブログは


漢の哲学~男の浪漫と円満家庭は両立出来るのか!?