夫婦だけでなく親子も鏡です!

子供の表情を見れば親の状態がわかる

子供の言葉遣いを聞けば親の普段の様子がわかる

よくお話してくれる子供は親子の会話が多い

異性に対する接し方に両親のお互いに対する接し方がそのままでる

これ意外と当てはまりますよね。特に異性に対してはどんな形にせよ少なからず影響します。

何故なら子供にとっては両親の関係性が夫婦のあり方の全てとして刷り込まれるからです。

それを反面教師にした形になるか、同じなるかはその子次第ですが……。

母親が父親をバカにしたり邪険に扱う姿を見て育った女性は同じように結婚後はパートナーをバカにする。

父親に従う母親に育てられた女性は同じようになる。

このようなパターンは反面教師になる方も多くいます。

私にとって夫婦の姿とは「大切にしあう男女の姿」でした。

母親は「次に生まれ変わってもお父さんと結婚したい」が口癖で。父親は母親を連れ回し周りに見せたがる人でした。(うちの父が親世代では珍しい欧米風なレディーファーストな人でした)

そんな両親の元で育った私や兄にとって夫婦とは家族である前に男女の意識が強く、周りのお父さん方の様に「男は愛してるとか軽々しく口にしない!」の様な男性がいる事に対しピンと来ていませんでした。

一方、まさに上記の様な「男は軽々しく口にしない!」の父親に育てられ、違う夫婦の関係性を見て育てられてきた主人。

結婚後に夫婦のあり方のギャップにお互い、かなりもがき衝突しました……。

お互いの当たり前が違うのですから当然ですね。

そして二人で喧嘩をしながら少しずつ少しずつ擦り合わせ、元々、女性を大切にする気持ちが強い主人、男性を立てる母を見てきた私、余計な我を脱ぎ捨てたおかげで、自分が理想としていた夫婦の形に今はなっています。

もしかしたら、私の両親も最初から理想の夫婦だったわけではないのかもしれない、私と同じように結婚当初はもがいていたのかもしれない。

その結果たどりついた夫婦の形を見て育てた事が今の私に繋がっているんだなと感じます。

そして、今の私達夫婦のあり方を見て育つ娘達は、私達夫婦を当たり前の「夫婦の姿」と捉えるのだなと思います。

当協会の会員さんは女のお子様がいらっしゃるお母様が9割を占めています、女の子ばかりが「ふれる育児」

を取り入れオキシトシンリッチな人が将来増えたら、日本人の男性の愛情表現や接し方では満足しなくなってしまうのでは…

オキシトシンリッチな女性は仕事の能力も高いので女性が社会を回すようになるのでは、などの話をたまにしています。

是非、男の子の親御さんにも「ふれる育児」をどんどん取り入れていただきたいなと思います。

男性がオキシトシンリッチの方がみんなが幸せになりますからね女性は男性次第です!

そんな、もがいてきた私達夫婦が今の夫婦仲を手にいれる事が何故できたのかをまとめたコンテンツはこちら↓になります

夫婦関係が悪化する原因と、それを劇的に改善する5つの方法

出張の【おっぱいWS】では御依頼主様とお集まりいただく方に合わせて内容を決めて開催致しますお気軽にお問い合わせ下さい

おっぱいWSなどの体験コースはこちら※出張致します!

次回のfeel careおっぱいマイスター初級講座は6月1日10時~16時でウエスタ川越にて開催いたします。お申し込みはこちら

理事が協会の事、家族のふれ合い、男の浪漫について面白おかしく!時には真面目に書いている大人気のブログは


漢の哲学~男の浪漫と円満家庭は両立出来るのか!?